大学生必見!!iPad用ノートアプリ “Notability” 紹介&レビュー!!

Pocket

今回はノートテイキングアプリの最高峰とも言える、iPad用アプリ”Notability”についてご紹介します。


私、iPad Pro 10.5inchモデルを溺愛しております。特にApple Pencilの完成度は素晴らしい!!アナログとデジタルの融合という点において、ひとつの最適解を示しているのでは?と思える出来です。さて、我々が日常で行うアナログな行為の中に「モノを書く」という作業がありますよね。ちょっとしたメモなら、紙に書き殴った方が早いですし、数式や図やグラフを書くときにはパソコンよりも手で書いた方が気軽で思い通りに書くことが出来ます。特に大学生の方なんかは、「パソコンはいつもバッグに入れているけど授業のノートは紙のノートで取ってるよ」という方も少なくないのでは無いでしょうか?他にも「授業のために、教授がアップしたPDFのレジュメを毎回印刷して用意しているよ」「印刷したのに持ってくるの忘れた!!」「先週のレジュメは今日は持ってきて無い!!」など紙媒体がゆえに起こるトラブルにイライラしたり、テンションが下がると言った経験をした方は多いのでは?
こういったミスを防ぐ方法は無いでしょうか?もっと効率的に勉強する方法は無いでしょうか?
あるんです!!笑
そのためのアプリがこちら”Notability”
・iPad Proを持っている。
・Apple Pencilも持っている。
・私は学生である。
この3つが揃っているのなら絶対オススメ!!揃っていないなら買いましょう!!笑
あなたの生活をより便利にしてくれますよ。

Notability

Notability
開発元:Ginger Labs
¥1,200
posted withアプリーチ

どんなアプリ?

Notabilityという名前の通り、ノートの役割をするアプリです。

こちらがホーム画面。私のノートがあるのでモザイクをかけていますが、教科や講義ごとにフォルダを分けることが出来ます。「黄色のフォルダはミクロ経済の授業」「青のフォルダは法学の授業」のようにノートを分けるイメージでフォルダを作ることが出来ます。
つまり。このアプリはあなたのバッグで、その中にあるフォルダはあなたのノートたちということですね。

 

何が出来るの?

では、実際に1つフォルダを作ってみましょう。フォルダを作るには、左上のプラスマークをタップします。フォルダが出来たら、右上の新規マーク(ペンと四角形のアイコンです)をタップ。今回は「お試し」というフォルダを作ってみました。実際の画面はこちら。

横罫線のノート!!まんまノートです笑
このまま書くことができます。試しに書いてみましょう。

まんまノート笑!!書くことに関しては操作とかありません。ただ書くのみです。超シンプル。

 

色・太さ

ノートを取る時って、鉛筆だけじゃ無いですよね。色付きのボールペンだったり、太めのマッキーだったり、色々なもので分かりやすくノートを取る方も沢山います。Notabilityでももちろん同じことが出来ます。実際、上の画像は文字の太さが変わっていますよね。

色や太さを変えるには上部のメニューの鉛筆マークをタップ。するとカラーパレットと太さのパレットが現れるので自分の好みのモノをタップ。それだけです。ペンの持ち替えやキャップの開け閉めがなくなるだけで快適さって結構変わるんです笑。

実際に色々書いてみました。数式やグラフはものすごい適当ですが笑、イメージは掴んで頂けるかと思います。パソコンでのノートテイキングの辛さは、こういったグラフや数式だと思います。こんなグラフをいちいち作りながら講義を聞くなんて無理ですもんね。しかし、Notabilityならそのまま書き込むことが出来るので実際のノートと同じ感覚で授業を受けることが可能です。これはパソコンには無い利点ですよね。

 

今までのノートでは出来ないこと

ここまでご紹介した機能は、紙のノートの再現・アナログのノートでも出来ることでした。しかし、忘れてはならないのはこれはデジタルのアプリだということです!!ということは、当然ながらアナログでは出来ないことも可能だということです!!そして、これこそが私がNotabilityをオススメする理由です。
さっそく見ていきましょう。

Goodbye 消しカス

消しカスが出ません笑!!
いきなり地味なことで申し訳ないですが、消しカスが出ないんです笑。机が汚れないのは気持ちいいですね笑。
ただ、これだけだと地味すぎますが、消しゴム機能は目を見張る便利さですよ。上部メニューの真ん中にある消しゴムマークをタップすると消しゴムモードに変わります。実際の消しゴムでは、力を入れてゴシゴシゴシと。時には力を入れすぎてノートがビリっ!!と。地味にめんどくさいし、萎えますよね。
Notabilityでは消したい部分をなぞるだけです!!
「スラスラ」の文字の後ろに白い線が見えますよね。そこがなぞった場所です。これだけで消えるんです!!なんて便利!!
さらにundo機能もあるので、直前の動作なら1タップで取り消せます。

移動機能

授業の時って一度書いたものに、教授が色々付け加えてきて小さなスペースに小さな文字で無理やり書き込むなんて時もありますよね。結果、何書いてあるのか分からなくなったり。
そんな時もNotabilityなら解決出来ます!!。
上部真ん中メニューバーにあるハサミのアイコンをタップ。その状態で、自分が移動させたい範囲を囲んでみましょう。すると青い点線が現れます。この選択範囲を移動させることが出来ます!!

これで、スペースが出来たのでそこにまた書き込むことが出来ます。これでもう、教授が板書をいくら追加してきても問題無し!!

また、この選択範囲はコピーアンドペーストも可能なので、同じものを何回も書く時にはとても助かります。

様々なデータの挿入

この記事の最初にレジュメの話をしましたよね。毎回印刷しなければならないPDFデータ達。Notabilityなら、そのデータも読み込めます!!もちろん書き込みも可能!!
実際の様子はこちら。

これでもう毎回コピーをする必要もありませんし、管理も簡単、iPadさえ忘れなければレジュメは全て手元に!!という夢のような環境が完成します。
PDF以外にも写真、図、webクリップなど様々なデータを追加できます。最高ですね!!

録音機能

Notabilityの最大の特徴はこの録音機能でしょう!!
iPhoneなどの標準録音アプリなどで講義を録音している方もいるかもしれません。しかし、その録音、、、聞くの面倒じゃないですか?

「一回の講義が90分。全部聞き返す時間は無い。ピンポイントだけ聞き返したい。でも、あれって授業のいつ頃言ってたっけ?探すにはいちいち聞かなきゃなあ。なんかもうめんどくさいなぁ。いいや、ワンチャンあるっしょ」

身に覚えのある方もいるのでは?笑
この面倒くささ、Notabilityなら解決です!!
上部メニューバー右側のマイクのアイコンをタップ。これで録音が始まります。このままノートテイキングを進めましょう。録音を終了するには、もう一度マイクアイコンをタップ。ここまでは普通の録音アプリと変わりません。では、再生してみましょう。再生にはマイクアイコンの横の矢印をタップ

この状態で、聞き返したいところの文字をタップしてみましょう。すると、書いたタイミングと録音したタイミングがリンクしていて、そこから再生されるんです!!神!!これでメンドくさがりなタイプでも大丈夫笑!!

まとめ

いかがだったでしょうか?Notabilityのすごさ!!お伝えできたでしょうか笑?iPad Proを使っている学生の方には是非オススメです!!
もし良ければ使ってみてください!!

Notability

Notability
開発元:Ginger Labs
¥1,200
posted withアプリーチ

この記事がお役に立ったら幸いです。
長めの記事でしたが、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

よろしければこちらの記事もどうぞ

私のiPad活用術

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A
アップル (2015-10-14)
売り上げランキング: 20

大学生必見!!iPad用ノートアプリ “Notability” 紹介&レビュー!!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です