Taptic Engine搭載? Apple Watchの未来は・・・

Pocket

こんにちは。バベルです。

面白い情報が入ってきました。

AppleInsiderによるとAppleは将来のApple WatchにTaptic Engineを用いたソリッドステート式のボタンを採用し、物理ボタンを廃止する計画を検討しているようです。

ソリッドステート式のボタンというと馴染みが薄いかもしれませんがiPhone7,8シリーズをお持ちの方はすでに経験されているはずです。iPhone7以降のホームボタンは物理的なボタンではなく、振動を用いてボタンを押す感覚を疑似的に再現しています。これと同じ技術をApple Watchにも採用しようということです。

なんのために?

この計画が実現すればこんなメリットがあります。

  1. 物理的な部品が減るため、製品寿命がのびる。
  2. 物理的な部品が減るため、デザインの制約がなくなる。
  3. ボタン自体を新たなセンサーに置き換え可能になる。

1はユーザーに、2,3はメーカー側に利点が大きそうです。

特に3はApple Watchをヘルス製品として考える場合非常に重要です。AppleがApple Watchに新しい種類のセンサーを追加しようとしているのは、今までの傾向を見ると確実です。

いつの日か、Apple Watchだけで自分の身体の多くをモニタリングできる日が来るかもしれませんね。

 

この記事がお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です