意外に理にかなってる?縦向きiPad

Pocket

こんにちは。バベルです。またまた次期iPad Proの噂が入ってきましたね。

 

今回、入ってきた情報(Macお宝鑑定団Blog)によると次期iPad Proは小型化され、イヤホンジャックは廃止、デザインはiPhone SEを大きくしたような形になるようです。

さらにTouch IDが廃止されFace IDが採用となることで、本体を横にしてのロック解除ができなくなるため、Smart Connectorの位置がLightningコネクタに近い背面下側に移動するようです。なので次期iPad ProのSmart Keyboardは縦位置で使用する方式になる可能性があるらしいです。

イメージ図

 

キーボードだけのことを考えた場合、これはこれで理にかなっているのかもしれません。文章を書く時というのは上から下に自然に流れていくものです。ならば縦幅が長いというのは非常に便利になるのと思います。

しかし、問題は別の作業をしながら執筆を行う場合です。私も別の資料を開きながら文章を書くということはよくあります。その時には当然ですが横長の画面が生きてきます。これは非常に大きな問題です。おまけに、さらっと書かれてますが「本体を横にしてのロック解除ができなくなる」というのは尋常じゃなく不便では!?さらにはキーボードレイアウトの問題。デザインの問題など様々な問題が山積みです。

そこまでしてFace IDを搭載する意味はあるのでしょうか?はなはだ疑問です。

続報を待ちたいと思います。

 

 

この記事がお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です