どうしてしまった? Apple高クオリティ神話の崩壊。

Pocket

こんにちはバベルです。2018年モデルのMacBookでも不具合が発生しているようです。

7月にAppleは突如MacBook Pro 2018モデルを発表しました。そしてその直後、発熱問題が発生しソフトウェアで対応できたもののAppleは公式に謝罪しました。そして、今度はまたキーボードに関する問題が発生しているようです。

今回の問題はスペースキーのみに起こっている模様。第3世代バタフライキーボードでも問題が発生してしまうようです。第2世代の時にもキーボードの欠陥が主張され、アメリカでは集団訴訟にまで発展してしまいました。その上での今回の問題はAppleブランドへの信頼を損なう可能性があります。

振り返ってみれば、Appleはその強気な価格設定にも関わらず安定した品質を提供することでユーザーの信頼を獲得してきました。しかし、最近のAppleを見ているとその神話が揺らぎ始めている様にも思えます。

一つの意見では、サプライヤー関連で抜群の手腕を発揮していたTim CookがCEOになってしまったことでサプライヤーマネジメントが上手くいっていないなどがあります。

1日も早く、安心してApple製品が使える日が来ることを望みます。

 

 

この記事がお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です